Voyage カナダまでの足跡
luccalife.exblog.jp
ブログトップ
語学留学→WHに変更した理由
2005年 06月 14日 |
2006年1月or2月出発を目指して準備を進めています。
当初は、語学留学するつもりでした。
去年イギリスで語学学校に通い、同じ目的を持った友達に多く出会いました。
日本でもNOVAに通っていましたが、授業の内容や理解のしやすさは、違いました。

当初はAUSに行くつもりでした。行った事がないという点も一つの理由でしたが、
TAFEという専門学校も魅力のひとつでした。半年で専門課程を学べる学校もありましたから。
ただ、同じ日本人や留学生が多い中でVancouverやTorontoは、
multiracial nationであり、
だからこそ、受け入れ体制が整っていたり、理解を示してくれる。
そんな、話をToronto出身の講師が話してくれた。

そんな時ハプカナ管理人のHPを見て、カナダも選択肢に加え、また
ウエストコースト国際教育相談センター を知るにいたりました。
当初は語学留学とカナダとAUSと迷っている、という理由で、adviceを頂いていました。
が、Step Up to Work N' Travelのページを見、何度も読み返すうちに
20代前半営業職に就き情熱を燃やしていた時期を思い出しました。

そういえば最近は、何かに情熱を傾けたり、物事に一生懸命になること、ないなぁ。
正直30を目の前にして、一人で、知らない土地で仕事を見つけたりするのは難しいし、
30歳やしな、と、勝手に自分の限界ラインを引いていたのです。

挑戦し、迷いながら立ち止まったり、時には後ろを振り返り、来た道を見つめなおす。
たくさんのブログの中に想いがありました。
ぜんぜん遅くないんだと、30歳だからこそできること、今の私だからできること。
今の私じゃないとできない事。

とても大切な私の家族にメールを送りました。
スコットランドの家族、たった2週間しか滞在しなかった私をいつも励ましてくれる。

All our dreams can come true
ー if we have the courage to pursue them

すべての夢は叶う
ーそれを追い続ける勇気があれば   by Walt disney

のことばをくれました。

いつかまた、会える家族に 成長した私を見せるために。

2006年 カナダへ。
[PR]
<< 夢と現実 あきらめの悪さと心のつよさ ページトップ Grammer book  >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Hana Skin by Sun&Moon