Voyage カナダまでの足跡
luccalife.exblog.jp
ブログトップ
<   2005年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
|
|
最近仕事中時間が空くとブログを読んで情報を集めてます。
まさにインターネットを駆使して、HPへカナダ関連を読み漁ってる、という感じっ。
で、見つけたのが、HPで、いろんな情報を発信していて、ブログで、カナダlifeをつづっている方のページ。めっちゃgood!!
保険のこととか、必要経費予想一覧とか、そのほか情報満載!!素敵です。
で、LuccAも早速。
月々の貯蓄は今のところ12万。
であと今7月だから、後6回くらいは給料が入る計算。
飛行機のチケットって種類があるから何を使うべきか?
1年オープンかなぁ。やはり。
あとワーホリのプログラムの詳細が7月ごろにわかるとして、あと。
保険関係だな。
ここでもHPを拝見。
住民票を抜けば、国民健康保険料は払わずにすむのね。
しらなかったぁ。
これで10万チョイほど浮いてくる計算。
あと、毎月いくらくらい生活費とかいるのかなぁ?

あ、名古屋と関空どちらで飛ぶかな?

おお なんか楽しくなってきたっ。
[PR]
Did u know? New Meanings from Old Words.Vol.3

語形そのままで意味が2つ
で たとえば
book本 とか名簿という意味。
コレのもうひとつの意味は
予約する
というVerbで使われます。特にイギリスなんですけど。
ちなみにアメリカ英語では
reserveですね。


もうひとつ
will未来の出来事や思いついた未来へのことを話すときに使いますよね。
意思(意志)という意味と
遺書とか遺言という意味もあるのです。
これを教えてもらったときは、ほほぉ、とうなずいてしまいました。
[PR]
力をくれる言葉
2005年 06月 25日 |
今日ある本屋へフラッと立ち寄った。
何気なく、一冊の本を手に取った。
そこには、偉人たちの言葉がのっていました。
その中で、心の残ったものをご紹介します。

All our dream can come true
if we hava the courage to pursue them.
by Walt Disney
(すべての夢はかなう 
            それを追い続ける勇気さえあれば)

Learn from yesterday, live for today,hope for tomorrow.
The importamt thing is not to stop questioning.
by Albert Einstein
(過去に学び、今を生き、未来に望みをつなごう。
                  大切なのは疑問をもち続けること)

夢みたときからそれは目標にかわり、成功するためには、勇気を持って自分を信じること、努力を惜しまないこと、やるべきことを先延ばしにしないこと。
そんなふうになれれば、どんなにいいだろう。
なかなか思いどうりにならないのが人生で、だからこそ考える、行動して失敗して、また考える。
だから成長できる。
3歩進んで2歩下がる、の英語上達への道。
前を向いてがんばろう。

恩師がくれた最後の言葉。
 「がんばれ!」はプレッシャーじゃないぞ。みんなが応援してるということなんだ。
お前は、お前らしくいればいい。

人の真似をする必要はない。私は私。季節の花々の咲くのを見逃さないように歩んでいこう。


真夏日の昼下がり。今年初のスイカをほおばった。
[PR]
by bengodi | 2005-06-25 22:51 | VOICE |
I am not going to give up!!
2005年 06月 23日 |
最近 某英会話学校から足が遠のいていた。
LESSON自体は去年の秋に終わっている。
ちょうどテキストが変更になった時に終了した。
それからは、月に2回ほどVOICE(レベルに関係なくコミュニケーションをとる場)に通っていた。そのから月に2回が、月に1回になり・・・。
もちろん洋書や英字新聞、インターネットラジオなどを使いリスニング、リーディングは一人でも出来るが、スピーキングは相手がいないと難しく。
久しぶりに行くと、話せない自分がひどくもどかしくて。で、また行かなくなる。
それの繰り返し。

でもやっぱりそれでは3歩進んでも2歩半ほど戻っているような状況。
3歩進むためには。
最近ようやく月に3回ほどのペースで行き始めた。
少し感覚が戻ってきた。
ステップアップしなきゃ。もう一段階段を上がらなきゃ、と思うけど。
カナダに行くまで後半年。
短いのか長いのか。
ずるずると、後回しにしそうな。
いかんいかん。
やるべきこときちんと把握してやらなきゃ、と。

今にも泣きそうな空を見上げて心に決めた。
[PR]
by bengodi | 2005-06-23 14:10 | VOICE |
世界の生活費が高い都市という記事が出ていた。

 米調査会社が20日発表した世界144都市の生活費ランキングで、日本の2都市(1位東京 2位大阪)が上位を独占した。
世界で最も生活費が高い都市は昨年に続き東京で、2位は大阪-。
 ドルに対する円高進行などが生活費を押し上げ、大阪は昨年の4位から上昇。5位はソウルで、上位5都市のうち3都市をアジア勢が占めた。
 3位はロンドン、4位はモスクワ。

日本は安全という印象を受けるが、安全と住みやすいということは=ではないように思う。物価が高くなり、人はものを買わなくなる。物はあふれかえり、若者もそんな日本の未来に期待も抱かず、フリーターや、ニート(就業、就学、職業訓練のいずれもしていない人)が増えてくる。
この先多くの外国人が日本を訪れ、日本で生活をする。それなりの収入がなければ、犯罪が増えるのも当然だろう。
この先の日本に、これからの世代は何を見出すことが出来るだろう。

カナダの都市名は大きくはのってこなかったが、果たしてどうなんだろう?
当然為替も毎日のようにチェックはしてるし、情報はあらゆるところにあふれている。しかし住んだこともなければ行ったこともないから、少しイメージしにくいのが本音。
もし現在カナダに住んでいる方でadviceなどいただければうれしい。

*「フリーター」はニートに含まれない。
また、就業意欲があっても求職活動していなければ「ニート」になる。
ただし,家事手伝いはニートに含まれる.

  
つぶやき
あんなに高いと思っていたロンドンより日本のほうが、物価が高いというのは、正直驚いた。イギリス出身の講師がよく、日本のほうが高い!!と反論していたの正しかったとは。外に目を向けて、日本に対しての何を考えているか?等々知ることは、大事だと、感じた。
[PR]
New Meanings from Old Words.Vol.2
2005年 06月 20日 |
New Meanings from Old Words.Vol.2
最近日本でCMなんかに
Pricelessが使われていることを耳にしたことはあるだろうか?
元のpriceは値段 という意味
コレが+Yで (状態や性質を表す)
Pricey高い 高価な という意味になります。
そして、
Pricelass値段をつけられないほど貴重なという意味になるのです。
vol.3につづく
[PR]
何からしていいのやら。
2005年 06月 17日 |
2度目の留学を決めた。
バイトも始めた。
はじめはAUSだった。
でもカナダへ変更。
そして留学→ワーホリへと変更。
出発の時期も決めた。
それから。
ビザは9月の末くらいに詳細発表と。
miwaサンにもメールを送った。
こちら(プログラム)は7月ごろには詳細がわかるとの事。
えーと。
とりあえずは、勉強、だな。
メルマガが届いていた。
よしメルマガを見よう。SEANさんからだ。
何故か手元に辞書をだして。

それから。
えーと・・・
[PR]
まさに去年の今日(2004年6月17日)はイギリスにいた。
短期の語学留学だった。念願の、というべき留学だった。
NOVAに通って、少しずつコミュニケーションが取れるようになると、ただ話す、という英会話だけでは満足できなくなって、もっと気持ちを表現したい、と考えるようになった。
28歳の春。
高校生のころから、一度は海外で生活をしたい、という夢を現実にかえた。
が、考えはあまかった。たかが3.4ヶ月の生活。
いくら日本人と話さない!と決めていてもやはり細かいニュアンスがわかるのは同じ日本人。とりあえず少しでも上達すればいいや、と後先考えない留学に、帰国後の現実をみた。
確かにコミュニケーション力は伸びた、と講師には言われたが、就職には何の+にもならなかった。失敗ではなかったが、(友達や家族 多くの経験ができた。)成功ともいえない。
なんとも後味の悪い留学だった。

帰国から数ヶ月、これからの自分、をどうしたいのか、考えていた。
このままではせっかくイギリスへいったのに何もせずに終わってしまう。
いつかは海外で仕事をしたい、とやはり考えていた。
でも甘くない、英語が話せる、ということだけでは向こうではやっていけない。
また自分の弱さが首をもたげた。
仕事にも身が入らず、ただぼんやりと毎日が過ぎていく。
きっかけは身近にあった。
一人の講師の言葉。
「国に戻ってまた一から大学に入るよ。」
25歳は過ぎている。面倒なことは嫌い。
その場にいた生徒は本気にしていなかった。どうせいつもの冗談か、なんかだし、と。
しかし、彼はこの春見事に大学への切符を手にしていた。
「9月には帰国するよ。僕はあきらめが悪くてね。現実にするまでは努力し続ける」
ようはココ!
と彼は自分の胸を親指でたたいた。
どれだけ強く自分が出来ることを信じられるか?
彼はニッ、と笑った。簡単にあきらめられるならそれはやりたいことでも夢でもなんでもない。
なにかをしたい、と思ったときから挑戦は始まっているし、それに対して努力をしなきゃいけない。何があっても前をみなきゃ。
頭の後ろを誰かに殴られたような、感覚だった。
中途半端で終わらない。やるなら最後まで。
親の口癖が背中を押した。
その日2度目の留学を決意した。
[PR]
by bengodi | 2005-06-17 14:35 | VOICE |
2006年1月or2月出発を目指して準備を進めています。
当初は、語学留学するつもりでした。
去年イギリスで語学学校に通い、同じ目的を持った友達に多く出会いました。
日本でもNOVAに通っていましたが、授業の内容や理解のしやすさは、違いました。

当初はAUSに行くつもりでした。行った事がないという点も一つの理由でしたが、
TAFEという専門学校も魅力のひとつでした。半年で専門課程を学べる学校もありましたから。
ただ、同じ日本人や留学生が多い中でVancouverやTorontoは、
multiracial nationであり、
だからこそ、受け入れ体制が整っていたり、理解を示してくれる。
そんな、話をToronto出身の講師が話してくれた。

そんな時ハプカナ管理人のHPを見て、カナダも選択肢に加え、また
ウエストコースト国際教育相談センター を知るにいたりました。
当初は語学留学とカナダとAUSと迷っている、という理由で、adviceを頂いていました。
が、Step Up to Work N' Travelのページを見、何度も読み返すうちに
20代前半営業職に就き情熱を燃やしていた時期を思い出しました。

そういえば最近は、何かに情熱を傾けたり、物事に一生懸命になること、ないなぁ。
正直30を目の前にして、一人で、知らない土地で仕事を見つけたりするのは難しいし、
30歳やしな、と、勝手に自分の限界ラインを引いていたのです。

挑戦し、迷いながら立ち止まったり、時には後ろを振り返り、来た道を見つめなおす。
たくさんのブログの中に想いがありました。
ぜんぜん遅くないんだと、30歳だからこそできること、今の私だからできること。
今の私じゃないとできない事。

とても大切な私の家族にメールを送りました。
スコットランドの家族、たった2週間しか滞在しなかった私をいつも励ましてくれる。

All our dreams can come true
ー if we have the courage to pursue them

すべての夢は叶う
ーそれを追い続ける勇気があれば   by Walt disney

のことばをくれました。

いつかまた、会える家族に 成長した私を見せるために。

2006年 カナダへ。
[PR]
第2回目 おススメ
イギリスにいた時に 先生から勧められたのが
d0068131_1411482.jpg
この Grammer in use supplementary Exercises です。
LuccAが持っているのは練習問題のみのタイプ。
左のページに文法 右に問題 というタイプのものもあります。
カラーで少し高かった。
あと advance (表紙が赤) もあります。

わりと大きな書店には 在庫をおいているほど 人気です。
表記はすべて英語のため 
日本の英語の授業がわからなかったLuccAには理解しやすく
英語で考える 英語の頭になる、ということがわかった時でした。

PS 写真移り悪くてごめんなさい。
[PR]
by bengodi | 2005-06-13 14:30 | VOICE |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Hana Skin by Sun&Moon